Fontaine Recipes

デコレーションケーキのスポンジの作り方

様々なデコレーションケーキで使われるケーキの基本ともいえるスポンジケーキ。今日はそのスポンジケーキの作り方をご紹介します。ご家庭でもぜひ試してみてください。

スポンジケーキの材料

  • 卵(L玉を使っています)
  • グラニュー糖
  • 薄力粉
  • 無塩バター
  • 牛乳

1. 卵とグラニュー糖を混ぜる

まずはボウルで卵(L玉)3個、卵黄1個分、グラニュー糖60グラムをかき混ぜます。フォンテーヌではL玉の卵を使っているので、卵黄を1個分追加しています。

卵黄を加えると乳化作用でスポンジがしっとりと仕上がるのですが、M玉の卵ですともともと卵黄の比率が高いです。お好みで調整してみてくださいね。

かき混ぜるのにフォンテーヌではミキサーを使用していますが、仕上げの3分間は低速で混ぜるようにしています。低速で混ぜる事でキメが整えることができます。

ご覧の通りきめ細かく、滑らかになりました。

2. 無塩バターを牛乳で溶かす

次に無塩バター(18グラム)を少量の牛乳(15グラム)で溶かします。弱火でバターが溶けるまで温めます。

3. 薄力粉と卵を混ぜる

先ほどの卵に薄力粉を混ぜていきますが、一度に薄力粉を加えるのではなく、少しずつ加えていきます。「かき混ぜる」のではなく薄力粉を加えながら、少しずつすくって返す、すくって返すという感じです。繰り返していくと、生地にツヤがでてきます。

ツヤがでてきたら先ほどのバターを混ぜます。

4. 生地にバターを加える

生地に温めたバターを加えますが、いきなり生地にバターを加えずにひと手間加えます。まず、生地を少量、別のボウルに移して、そちらへバターを加えます。

そしてまずは少量の生地とバターをかき混ぜます。よく混ざったら、それを元の生地に戻し、よくかき混ぜます。油であるバターと卵は本来混ざりにくいもの。ひと手間加える事で、卵、グラニュー糖、バターが生地の隅々まで行き渡ります。

5. 180度で30分約

底と周りに紙を敷いた型にいれて、180度で30分オーブンで焼きます。紙を敷かないと、型から取れなくなりますよ。

下の写真は焼き上がったスポンジケーキ。網目は焼き上がったスポンジケーキを網の上で冷ましているからです。

次回はこのスポンジを使ってホールケーキを作っていきます!

About Author

鈴木孝
オーナー鈴木孝

フォンテーヌスタッフ

お客さまにとって、ケーキが必要な日は特別な日。バースデーや自分へのご褒美、ホームパーティー、ウェディングなど、いつもの毎日とは違ったそんな一日。そんな特別な思い出のためのケーキを、こころを込めて、愛情を注いで作っています。フォンテーヌのケーキによる喜びが、感動となり、そして素敵な思い出つくりに一役買えたら光栄です。少しでも幸せのお手伝いができますように … 私は他にもこんな記事を書いています。