Staff Mobile Blog

葡萄

2011/ 8/ 8 21:06

葡萄は果皮の色が緑、赤、黒に分類され、
成長過程で赤や黒の色素が作られて行き、
緑は色素が作られないのでそのままの色です。
生で食べる他に、干したり、ゼリー、缶詰め、ワイン、ジュースに加工され、
種子は搾って油を取り、
葡萄をしぼった後の皮は肥料になります。
皮もちゃんと役に立たっているのですね。
葡萄の事を調べていて、前から聞いた事のある品種や初めて聞く品種もあり、
沢山あることが分かりました。
その中に「伊豆」という品種名がついているのがあり、
伊豆となにか関係があるのかしら?と調べましたが分かりませんでした。
鮮紅色で、粒が大きく、甘味と酸味のバランスがよいそうです。

About Author

やすこ
やすこ

フォンテーヌスタッフ

お客さまに、また来てみたいなと思ってもらえるような雰囲気のあるお店になればよいなと思っています。そのためにはいつも来ていただいて有り難いという気持ちで、毎日を送りたいと思っております。そして仕事は早く、それでいて丁寧でキレイにできることを目標にしています。 私は他にもこんな記事を書いています。