Staff Mobile Blog

看板

2011/ 9/12 22:17

フォンテーヌの看板は、
赤地に白のコーヒーカップが描かれており、
シンプルでとても分かりやすいです。
看板はいつの時代からあるのか調べてみました。
飛鳥時代に、「市を開くには商品を標識で示すこと」と法律で定められていました。
その標が看板の始まりとされています。
当時は文字を理解する人々が少なく
商品の絵や、商品その物を掲げていたそうです。
鎌倉時代になって簡板とよばれる竹や木の札が使われるようになり、
絵だけでなく文字による屋号が書かれることになって現在の看板に近くなっていきます。
日本で残っている古い看板は、
鎌倉時代のお菓子やさんの衝立看板といわれています。
どの様なお菓子が描かれていたのでしょうね。

About Author

やすこ
やすこ

フォンテーヌスタッフ

お客さまに、また来てみたいなと思ってもらえるような雰囲気のあるお店になればよいなと思っています。そのためにはいつも来ていただいて有り難いという気持ちで、毎日を送りたいと思っております。そして仕事は早く、それでいて丁寧でキレイにできることを目標にしています。 私は他にもこんな記事を書いています。